英語を自由自在に操る人材になる!〜英会話スクールの活用法〜

発音を矯正する

英語の発音が難しいと思っている人は多いと思います。
特に、日本人が苦手としているものにRとLの発音があります。
どちらも、使い分けができないため、正しい単語の発音ができず、英語圏の人と会話をしても、相手に伝わらないということが多々あると思います。
こういった発音を正しく矯正するには、ネイティブの先生がいる英会話スクールにいくということが大切だと思います。
最近では、小学校や中学校の英語の授業には、英語圏のネイティブな発音をする外国人の先生がいますが、むかしは英語の授業であっても日本人の先生ひとりが授業をしているということが多く、正しい発音というものが習得できなかった世代というのは多いと思います。
単語の意味や文法は頭で理解していても、いざネイティブの人と会話をすると、なにひとつ聞き取れないというものです。
聞き取れないということは正しい発音を知らないということであり、それは自分自身も正しい発音を身につけていないということでもあります。
日本人の多くは、文法は理解している、という人です。
そのような人の場合は、その人の発音というものを矯正するだけで英会話というものがスムーズにできるようになります。
英会話の基礎知識というものはすでにあるので、あとは自身の発音と、ネイティブな英語を聞き取れる耳を持つだけだからです。
そういったものはいくら自宅でテキストをながめていても習得はできません。
やはり、直にネイティブな発音を聞いて、そして、相手にも自分の発音をチェックしてもらうということが大切です。
舌が口の中てどこにあるのかということが大切だと言われますが、舌に意識を持って行き過ぎると、それもなめらかな美しい英語を話す上では良くないといわれています。
英語というのは話す機会があればあるだけ上達するといわれているので、繰り返しネイティブの人と会話をするということが大切だと思います。
また、一度思い切って、留学をしてみるというのも良いと思います。
近くになかなかネイティブの先生がいないという場合は、留学をして現地で生活をしてみると、自然とネイティブな発音が身についていくと思います。
荒治療ともいえますが、そういった環境に自分を置くことで、はやく自分に美しい英語というのを身につけさせることができると思います。
発音の矯正というのは時間がかかりますがコツがわかれば習得は早いと思います。
ぜひネイティブな発音を身につけて英会話に自信を身につけると良いと思います。
Copyright (C)2018英語を自由自在に操る人材になる!〜英会話スクールの活用法〜.All rights reserved.